足のかかとのひび割れは簡単角質ケアでサンダルが似合う足になろう

 

この記事を書いている人 - WRITER -

毬谷麗子


足のかかとのケアって どうしてる?

 

パーティーや夏、サンダルを美しく履きこなすには、やはり足のお手入れって大事ですよね。足の爪や足の甲は見えるところなので、気が付きやすく、手も行き届きます。

 

ですが、足のかかとは見えにくいところなので、意外とお手入れをしていない方も見かけます。ストッキングが引っかかって履きにくくなったり、夏はサンダルなどを履く機会も多いので、ケアをしておきたいところです。

 

放置しておけば、見かけが悪いだけでなく、干からびた鏡餅のように割れて、出血するようなことにもなりかねません。

 

そんなことにならないよう、美しく滑らかで柔らかい赤ちゃんのようなかかとを手に入れるためのケアの方法をお伝えします。

 

かかとのひび割れの原因

足のかかとのひび割れは、角質が厚く積もり過ぎであることがほとんどです。角質が厚く積もりすぎる原因としては、

 

1、足にフィットしていない靴で歩きすぎた時

2、靴の底が硬すぎて、歩きすぎた時

3、ターンオーバーがうまくいっていない

 

多くはこれらです。なので、立ち仕事や歩き回るような仕事をしている人で代謝が悪い人に、かかとのひび割れは多いでしょう。

 

よく、若くない人が顔の肌断食に成功して、そのままやり続ける万年肌断食と同じパターンです。ただ、顔の場合は、体重がかからないし地面と接するわけでもないので、

 

足のかかとほど、角質は厚くなりませんが、血行が悪くなり、皮膚が乾燥するのは万年肌断食も同じです。皮膚が厚くなりすぎると、老人肌になるので、足の場合は角質が厚いからわかりやすいですね。

 

 

そのように、足のかかとも古い角質が積もっていくと、皮膚が乾燥し始めて、ひび割れてきます。

 

足のかかとは、地面に接し、ケガをしやすい部分、しかも体重がかかるので、体を守るために特に丈夫に作られています。

 

なので、顔よりも角質も厚くなりやすいのですが、角質が厚くなりすぎて、ターンオーバーがうまくいかずに、放置するとどうしても、血行も悪くなり、皮膚が乾燥し、ひび割れに至ります。

 

なので、かかとの皮膚を乾燥させない柔らかいかかとを作るためには、ちゃんと角質ケアをしてあげることです。

 

 

足のかかとのケア方法

足のかかとのケアの頻度は人それぞれなので、なんとも言えませんが、かかとを触って硬いと思ったら、ケアしてください。

 

お風呂上がりにかかとケアする場合

かかとのケア1

1、お風呂に入ります。

2、お風呂上りに、足用の尿素ローションなどを足のかかとに塗ってください。

3、かかとやすりなどで角質を削ります。

 

お風呂上がりの直後でない場合

かかとのケア2

お風呂上りにやることの多い女性はこちらがお勧めです。

1、足のかかとに足用尿素ローションをコットンにたっぷりとってかかとにパックをします。

2、かかとにローションが馴染んだら、コットンをはがします。

3、かかとやすりで削ります。

4、1回でスッキリしない場合は、2と3を交互に何度か繰り返します。

 

 

 

かかとが厚くなりやすい人の普段からのお手入れは・・・

普段のかかとケア

普段のケアは、お風呂上りに足のかかと全体に、足用の尿素クリームなどを塗る

このように、普段からかかとを足用の尿素入りのクリームなどで柔らかく保つようにしてください。

 

 

かかとの角質ケアで注意すべきこと

何でもそうですが、角質ケアのやりすぎは肌を傷めます。

 

1、角質ケアをやりすぎるとかかとが傷みます。こうなると、裸足で歩けば、床の汚れや細菌などが体の中に入り込みやすくなるので、気を付けてください。

 

2、かかとを削った後は、クリームを塗っても良いですが、滑って転倒しないように気を付けてください。クリームを塗ったらなじむまで、ルームソックスを履くのも良いです。

 

3、また、この方法を顔に当てはめるようなことは絶対にしないでください。顔と足の裏は違うので、同じようにすると顔の肌は一気にダメージ肌になります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?足のかかとの角質は適度に柔らかく保つことが大事だということが理解できたと思います。そうすることで、乾燥しにくい強いかかとを保ちます。

 

お風呂上がりに行うのは良いですが、私としては、顔のスキンケアが先になるので、お風呂上がりでない2の方法をお勧めします。

 

それでは、かかとをキレイにして、夏のサンダルを美しく履きこなして、背筋を伸ばして颯爽と歩いてください。それでは。

 

 

lp%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

顔のたるみ・くすみ・しわ・しみ

乾燥肌・インナードライ・肌脂性肌・角栓

毛穴・ほうれい線・マリオネットライン

などなどお悩みですか?

化粧品の選び方と知識を知るだけで、若く美肌に!

たるみ、ほうれい線、マリオネットラインにアプローチ!

0s

あなたに合った化粧品の選び方、スキンケアで
「これこそ本物!」「肌が変わった!」と喜びの声が続出!

無料メルマガ登録してくださった方には、

もれなく2つの特典
キレイになるためのPDFプレゼント!

↓ 下の画像をクリックするとメルマガの詳細へ
マリリンのメルマガ

肌の老化の悩みに対応!
読むだけで 今までのスキンケアが
シンプル・時短!
うるおい美肌になる方法が!

美の知識がたっぷり<美容液>のように
貴女に浸透した時、貴女の時間を巻き戻せます。

このメルマガで、あなたがなぜ、
肌に結果を出せないかがわかるようになり、
どうやって、自分に合う化粧品を
選べばよいか、わかるようになります。

→ 無料!マリリンの美肌1分メール講座に登録する

そんなマリリンの美肌1分メール講座を受けた方々の声です。
———————————————————————-

◆きょうこ様の声

マリリン様
ローションパック用のシートを探していたところマリリン様のサイトを発見しました♪♪♪
混合肌ですがお肌の乾燥がひどく、しかもそれが年々悪化してゆくので悩んでいました。
ローションパックがいかに肌にダメージを与えているかを教えて頂き深く感謝しております。
その他の乾燥や肌老化の原因に関しても納得できる根拠を示してくださるので、大変役立っています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

◆おおいし様の声

マリリン様
毎回、有り難く拝読しております。
特に大きなトラブルは無い肌ですが、加齢には逆らえず、色々と気になるお年頃。
マリリン様のメルマガは、ナルホド〜!と納得する知識ばかりです。
少しずつケアを変えたり、取り入れたりしながら、アンチエイジングを楽しんでいます。
特にクレンジングの大切さは一月足らずでわかりました。
どなたかが書かれていた「肌がしっかりする」の意味がまさにコレですね。
これからも、メルマガを楽しみにしております。

◆しまむら様の声

こんにちは、マリリン様。
メールマガジンを購読して1ヵ月がたちます。数年前に肌荒れがひどくて化粧をストップし、
肌断食を始め、やっと肌が落ち着いてくれました。
正直なぜだろうと疑問でもやもやでした。
メールマガジンのお陰でスッキリしました!
今まで化粧品を使って肌を痛めてた事に凄く納得が出来ました。
皮膚の事をきちんと理解し、食べ物から栄養をとり、美肌を目指す。
化粧品の選び方も大事。改めて実感です。
これからもマリリン様について行きます!毎回マガジンを楽しみにしてます!

◆早川様の声

マリリン様
嬉しすぎます。そして目からウロコが落ちまくりです。
美人は本当にお風呂でつくられるのですね。
そして顔にも体にも威力を発揮する化粧品の使い方のテクニックはすごいです!
化粧品は少数精鋭というか場所もとらないし長い目でみると経済的ですね。
綺麗になるにはお金をたくさんかけなければならないとずっとずっと思っていました。
今までの間違ったお手入れで貧相なお肌の私ですが半年後はオーラ肌になる予感です(笑)

◆オカダキミコ様の声

初めまして。
いつもマリリン様のブログを読んで色々勉強させて頂いております。
実は私現在58歳、もう手遅れかなと思いながらも、マリリン様のブログに沿い今まで使用していたアンチエイジング化粧品(合成界面活性剤配合の物)など全て中止しシンプルなスキンケアに移行致しました。

スキンケアがこんなに気持ちいいなんて・・・
お肌しっとり・リラックスもして最高です。
なんとなくブツブツしていた肌がスベスベしてきました。

ただこの年齢なので時々アンチエイジング化粧品が気になるのも正直なところです。
ブログはもっとお若い方向けなので致し方ないとは思いますが
我々世代向けの内容もお願いできれば嬉しいです。

それとマッサージの時の指の動かし方も具体的にご指導頂けますか。
どうぞよろしくお願い致します。
正直もっと早く巡りあっていればという気持ちです。
これからもよろしく!

さあ! あなたも知識の美容液で うるうる ツヤツヤになり、自信の持てる肌になれば、
きっと貴女の変化に周囲も驚くはず!
↓↓クリックするとメール講座の紹介ページに飛びます。
美肌講座

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -